大根が干されてました!?

干されてる…? 可哀想に〜あっ、でも大根デシタ(笑)   

これから沢庵になるのか?それとも切り干し大根へと変身するのかわかりませんが、こんな光景を目にすると「冬の訪れ」を感じます。

 

家の前にも、毎朝オレンジや赤の枯葉が散らばる季節で掃いても掃いてもまたパラパラと…  そこで箒の手を休めて一句?な〜んて浮かべはカッコイイのですが、生憎その道のセンスはゼロな為、掃いた枯葉をスーパーの袋に詰めてハイ完了!

哀れ…枯葉はな〜んにも生かされずそのままゴミ箱へ。

 

私は枯葉で一句よりサツマイモ派!美味しい季節です。天ぷらにしても、そのまま煮ても、林檎と一緒に煮てバター風味にしても…

町の風景にも秋の深まりを感じる今日この頃です。

1日中曇り空でした。

明日は秋晴れになりますように〜🍂🍁

f:id:nemutan08:20181113205103j:image

 

母の白寿(99歳)を祝う会

母の白寿のお祝いと言う事で、子供達と孫達そしてひ孫までが集合しました!

 

 子供と言っても既に高齢者、孫と言えども中年層、そしてひ孫は大学生!

 

主役の母を入れて18名が目黒雅叙園に集合しました。父は私が成人になる以前に他界しましたが残された母は良く元気でこの日を迎えられた事と一緒に暮らす長男夫婦に感謝です。

 

99歳と言っても、まだ杖も使わずに歩いていますから大したものです。

そう言えば、かなり歳をとってからも隣町までラジオ体操に出かけていたと言いますから足も丈夫なんですね。

大正、昭和、平成を駆け抜け、この勢いなら新たな年号まで突入できそうです。

ここまできたら是非100歳まで!!

 

みんなに囲まれて今日はとても喜んでいました。「私はなんて幸せなんでしょう!」が口癖のようです。

 

お陰さまで私も久しぶりに兄弟、姪っ子、甥っ子と賑やかな食事会と二次会を楽しめました。

 

今、ラインもみんな繋がって、記念写真と共に出席者夫々の思いが同時配信で携帯を飛び交っています。

若い世代の皆さんのお陰です。

f:id:nemutan08:20181107210658j:imagef:id:nemutan08:20181107210736j:imagef:id:nemutan08:20181107210637j:image

 

 

 

 

 

 

中学校同期会は東條会館⁈

一夜明けて…

場所が半蔵門東條会館の「アルゴ」と言われていたので、私はてっきり結婚式場の傍らにあるレストランと想像して行ったのですが、大きな勘違いでした!

 

その昔、この地にあった「東條会館」とは東條さんと言う方が作られた写真館だそうで、庭園のある結婚式場ではありませんでした。

 

現在ここは半蔵門メディアセンターに建て替えられビル内にはMXテレビ、東條写真スタジオ、そしてレストランなどがあります。

 

今回は9階のアルゴでフランス料理を!

揃って70歳、それなりに歳は重ねたものの皆さん昔と少しも変わらず、一次会も二次会も大いに盛り上がってきました。

 

今でも、男性に対してはみんな「〇〇君」っと君呼び!公立の男女共学でしたがとても楽しいクラスでした。

 

同期会、クラス会…今後もずっと続いて行きそうです。みんなで集まれる幸せ! 笑える幸せ!

良いクラスに恵まれていた事に今更ながら感謝です。

f:id:nemutan08:20181105223712j:image

 

 

 

 

 

 

 

レトロな洋食屋さん

国立まで行ってきました。

 

主人の友人が「マチエール展」に作品を出展されているので芸術の秋を味わいに…

大学通りから一本中に入ったブランコ通りにその画廊はありました。

 

材質が独特の技法なのでしょうか?作品はどれも繊細で美しいものばかりでした。

 

そろそろお昼と言う事で、直ぐ近くの老舗カフェ「ロージナ茶房」へ…

ドアを入る所からレトロな雰囲気が漂います。

 

古い階段を上り二階へ…昭和初期?見回したところ椅子のペンキは剥げ落ち、今時の明るくて綺麗なお店でない事だけは確かです。

聞けば1954年にオープンしたそうで「なるほど〜!」

 

ハンバーグを注文しましたが、大きくてデミグラスソースのお味が最高でした。

リーゾナブルは国立だからでしょか?

サラリーマン、OLらしい方も次々と入店され人気のお店のようでした。

f:id:nemutan08:20181101172001j:imagef:id:nemutan08:20181101171253j:imagef:id:nemutan08:20181101171909j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

山野愛子邸 「がんこ」

お友達とランチしてきました。

地下鉄東新宿のA1出口を出ると通りを挟んで向こう側に「がんこ」の看板が見えます。

 

元々、山野愛子さんの私邸だったお家をそのまま和風レストランにしたようで、緑に囲まれ都会にいる事をを一瞬忘れてしまいそうな、落ち着きを感じました。

 

お料理も比較的リーゾナブルですし、どれも美味しく楽しめました。

 

お庭にの池には鯉が泳ぎ、赤とんぼも飛び回っていました。赤く染まった紅葉🍁…秋ですね〜

f:id:nemutan08:20181002171501j:imagef:id:nemutan08:20181002171528j:image

 

 

お風呂が冷たい〜お湯出ない!

実は先程まで、スッタモンダの大騒ぎ!

沸かした筈のお風呂が〜水風呂。

 

慌てて風呂釜メーカーに電話するも夜間でなかなか繋がらず、携帯で修理を申し込もうとメーカーを検索するも、辿りついたのはメーカーではなく修理専門会社。

 

電話には対応してくれましたが、やはりここはメーカーに直接の方が確かと思い直し一旦切る事に。

 

バタバタする中で取り敢えず夕食を先にとお台所のガス台に向かうも全く反応せず💦

 

これはもうガス会社しか⁉︎

ガス料金領収書を探しお客様番号を確認、領収書の下の方に小さく印刷された「休日 夜間」にダイヤル!!

 

すると流石に直ぐ繋がり「出動要請ですか?ガス漏れですか?」との対応にコチラがビックリ!

「イエ、そうではないのですがお台所もお風呂もガスが作動せず使えなくなりました!!」

 

そこから先は、電話口の女性も慣れた方で、「こういうものが設置されていますから液晶画面を確認してこのボタンを◯秒押して画面がこうなったらここをこうして…」

 

主人がいてくれたので、このへんはバトンタッチして私は関与しませんでしたが、程なくガスは正常に戻り、主人は只今沸きたてのお風呂にドップリ浸かっております。ホッ!

f:id:nemutan08:20180928210012j:image

手抜き雑巾がけ機⁉︎

たまたまネットで見つけて、口コミも良かったので早速購入してみました!

 

名前は「くるくるツインモップ」充電式でモップパットを水で濡らしてペタンと貼り付けるのですが、スイッチONにするとモップがクルクル回るので、ゆっくり床を滑らすだけで力要らずです。

 

柄は短くも長くもできるので、今まで手の届かなかった高い窓とか玄関ドアの上の方とか、面白半分で雑巾がけしてます。

 

気持ち重さもありますが、パットは外して水洗いで簡単に汚れが落ちるので買って良かったかも?です。

 

ネットでお値段に差がありましたが、製品は同じようだったのでモチロン送料無料でお安いのを。(笑)

 

でも雑巾がけの前に床にあるものドンドン片付けていかないと…

少し涼しくなってきたので、アソコもココも思いつつ…整理整頓がどうしてこう苦手なんだか…  散らかすのはこんなに得意なのに〜あぁ

f:id:nemutan08:20180928172023j:imagef:id:nemutan08:20180928172031j:image